• Tomotake

おうちスカウティング(大阪|河内長野第1団|カブ)

最終更新: 2020年5月26日






大阪、河内長野第1団の「おうちスカウティング」


活動内容:興味のあることをさがそう      一人ひとりがやりたいことを見つけて調べたり知らせたりする      郵便局に行って、手紙(報告)を出す

①リーダーから、暗号文を送る。(活動の提案)・・・2週間に1回くらい発送  1回目 カブブック「手伝い」チャレンジ章「料理家」提案  2回目 読書の提案 かがくるBOOK「新型ウィルスのサバイバル」           「地震のサバイバル」を配布  3回目 クイズ出題 チャレンジ章「市民」  4回目 チャレンジ章「天文学者」「アトラス彗星をさがせ」      チャレンジ章コラボレーションバッジ「モンベル」 ②スカウトは暗号文を解読して、興味のあるものの活動を開始 ③郵便にて、報告


【参考資料】

  



【この活動のねらい】

「好奇心と冒険心を満足させる」「体験をとおして学ばせる」


【感想】

保護者アンケートより  ・興味を持てるものでないと一人で、または家庭で取り組むのは難しい。  ・スカウトをやめたがっていたが、彗星に興味をもって、目覚めた。  ・子どもの興味のタイプを知り、うまく接することができた。

リーダーの感想  ・郵便の出し方なども体験してほしくて、郵便局に行くように提案したが、   報告がなく(1.2回目)、往復はがきを利用(3回目)したら返事あり。   4回目は返信封筒(切手あり)をつけたら、返事あり。   外出しにくい状況なので仕方ないのか、自分の住所をかく学習になった。   


【コメント】

現在は、ふだんの活動が活かされています。リーダーも在宅勤務でスカウトの笑顔を浮かべて、自分も楽しみながら、活動を提案していきたい。



(河内長野第1団、カブ隊長、村木千恵さんより)

80回の閲覧0件のコメント